img_02

癌の第四の治療法と注目される免疫療法

癌は大変手ごわい病気で、その理由の一つは、風邪や一般の病気と違い、敵は自分自身の細胞という点にあります、増えることしか知らないこの敵は、転移や再発を簡単に起こし、気づかないうちにすぐに体中にその芽を運ぶだけでなく、手術で切除したと思って安心していても再発してしまう厄介な病気です。
また一種類の治療法で癌を完治させることは容易なことではありません。



そこで、現在の癌治療には、外科療法と化学療法と免疫療法の組み合わせ、化学療法と免疫療法の組み合わせ、放射線療法と化学療法と免疫療法の組み合わせ、といういくつかの手法を組み合わせるのが一般的となっています。

このなかで、最近、第四の療法として注目される免疫療法は、治療効果が外科療法に比べて直接的でないため、化学療法などのようにほかの方法と組み合わせることで、その真価を発揮するものといえます。

あなたにぴったりの乳がんを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

免疫療法は人間の体が元々持つ免疫細胞の機能を高め、その免疫細胞に癌細胞を攻撃させるというものです。この治療法は、人間の免疫細胞が持つ治癒力を利用するため、体力低下や抗癌剤の辛い副作用もありません。



免疫細胞には様々な種類が存在しますが、それらは能動免疫療法と受動免疫療法の二つに大別されます。能動免疫療法は、免疫細胞を活性化させる物質を体内に取り入れることで、免疫細胞が刺激され活性化する治療法で、これには、サイトカイン療法、免疫賦活剤などが含まれます。



このなかのサイトカイン療法とは、免疫細胞はお互いに情報を伝達しながらそのシステムを構築していますが、その情報の伝達手段となるのが主に免疫細胞が放出する生理活性物質でこれをサイトカインといい、このサイトカインを外部から投与することにより、免疫細胞を活性化させるものです。

代表的なサイトカインにインターロイキン、インターフェロンなどがあります。


もうひとつの受動免疫療法のなかで、最も注目されているのが、養子免疫療法で、これは自分のリンパ球を体外で培養して再度体内に戻すことで免疫機能を活性化して癌を治療するものす。このように癌治療の最前線は、多方面からの医学的成果を投入した多角的なアプローチが続けられています。